登録する

お客様と話しているうちに、あなたは彼らの健康問題やその他についていろいろとわかってきます。彼らが何に動機づけられ、何を一番大切に思っているか、また彼らの能力や才能、専門技能など登録形態のオプションを提示する。
プリファード・メンバーと IPCもわかってきます。その過程で、彼らにとってどのような形態で登録するのが一番望ましいのかを、事前に考えておきましょう。
登録形態のオプションを提示するには、時にはスキルと気配りが必要な場合がありますので、提示方法をよく考えておきましょう。あなたらしくドテラを紹介する方法は、数えきれないほどあります。どのような方法にしろ、お客様のニーズに一番合った登録形態を提示するスキルをよく磨いておきましょう。言い換えれば、鍵となる場面で何を言うべきかをよく把握しておくようにしましょう。
登録を勧める際、以下の共通のニーズについて話したり、アイデアを用いるとよいでしょう:

共通のニーズ 予想される応対
健康、家庭、美容、お肌のお手入れ、芳香やその他のニーズについて話すとよいでしょう。・・・ただし、製品を販売することで収入を得る話については、もっと後でしましょう。 「よかったです。私もその製品が好きです。本当にいい製品ですよね。じゃあ、[相手のニーズを述べる]のことを考えると、どの製品に一番興味がありますか?いいですね。それすごく気に入ると思いますよ。
他にも、[相手のニーズを述べる]にいいと思われる製品がいくつかあります。私がこれらを好きな理由は、[自分の製品の体験を語る]だからです。これも試してみませんか?ありがとうございます。
あと、製品を安く購入できる方法についても、少しお伝えしてよろしいですか。

[ロイヤルティー・リワード・プログラムと、その他の製品について話す]
「私の場合、いくつかの製品は約30日で使い切ってしまうので、それらについては(雑誌の定期購読のように)定期的に届けられるようにしています。定期購入に興味はありますか?
製品を使ってみて、もっと学びたいと思ったり、私のように製品を売ることに興味があるならば、いつでも喜んでお話します」

製品を安く購入する 「ドテラには、製品を安く購入する方法がいくつかあります。プリファード・メンバー(愛用者)になると、小売価格から20%引きのプリファード・メンバー価格で購入できます。

= プリファード・メンバー(愛用者)になると、小売価格から20%引きのプリファード・メンバー価格で購入できます。

= 独立プロダクトコンサルタント(IPC)になると、いつでも卸売価格で製品が購入できます。製品にもよりますが、卸売価格は、小売価格の約25%引きとなります。IPCになると、製品を自分で販売することも可能です。
お得なLRP注文 = ドテラで人気のロイヤルティー・リワード・注文(LRP注文)に申し込むと、毎月定期的に製品が届けられ、それに対してリワードポイントが付与されます。これは製品を安く購入するのに最適の方法です。ロイヤルティー・リワード注文を続けるとリワードポイントがたまり、ドテラ製品を購入する際に使用することができます。ロイヤルティー・リワード注文を長く続けると、月々のリワードポイント還元率が高くなります(10%から始まり、最大30%の還元率となる)。

プロダクト・オブ・ザ・マンス = ドテラには、「プロダクト・オブ・ザ・マンス」という、プレゼントをもらうチャンスがあります。これは、「125PV以上のLRP注文を15日以前に設定」しておくと、その月ごとに製品のプレゼントがもらえるというものです。

スペシャル・オファー(特価製品) = インターネットサイトのdoterraeveryday.jp (ドテラ・エブリデイ)には、さまざまな特価製品情報やプロモーション情報が掲載されています。それらは、特別なキット製品や、10%オフ製品、特定のPV(例えば200PVプロモーション )以上の注文に対する特典などです。

もしこれらの割引で納得がいかなければ、お家で使うさまざまな生活必需品をドテラ製品におき換えたらどれだけお得になるか、比べてみてください!

お好きな製品を安く購入する方法はいろいろあります。でもこれがドテラで得られるすべてではありません。ドテラは製品につよいこだわりを持っている会社です。そして、CPTGというドテラ独自の品質基準をクリアした高品質な製品が人々の生活に潤いをもたらすことを、心より願っています。
製品を安く購入できるこれらの方法の中で、あなたはどれに興味がありますか?」

収入 ドテラで収入を得るには、IPCに登録することが必要です。IPCになると、どれだけ早く収入を得たいか、いくらの収入を得たいかなどについて、いろいろと計画が立てられます。ドテラビジネスを副業としている人や、専業にして前職を上回る収入を得ている人たちがいます。
あなた自身は、ドテラビジネスにどのように(副業か専業か)関わりたいですか?

まずそれを決めることが大切です、なぜならば、ドテラにはボーナスプランがあり、自分に合ったペースで欲しい額の収入が得られるよう活動することができるからです。通常のボーナスプランに加えて、他にもボーナスを得られる方法があります。ファスト・トラック・プログラムやパワーオブスリー・プログラムなどが、その代表的な例です。それらについてはあとでお話しますが、まずは、初収入を得るためにどうすべきかについてお話しましょう。
あなたはドテラビジネスにどのように関わりたいですか?

 

Getting Started(dōTERRAをスタートするために) / Enroll(登録する)
Enrollment Tips from Other IPCs– “I always try to help prospects understand why I love dōTERRA  so much.  I started out by just ordering a few products to try. I was diffusing Wild Orange and people kept asking me, “What is that amazing smell?” I found that I was telling so many people that, and they often said, “Where do you get it?”  I initially said, “From my friend who sells dōTERRA  products” but once I started to try earning, my answer changed to, “I can get you a diffuser and some Wild Orange.”  Do you want it today?  If they are not ready, I follow-up, follow-up, and then follow-up again.”– “I used to be scared to talk to anyone about how they contribute to their family income.  It can be a sensitive topic.  I got over that when I realized how many people I run into that wish and hope they could earn money in some way, yet still have the flexibility they need with life’s demands. Many of my friends have done all kinds of things to earn—set up a day care in their home, taught music lessons to umpteen kids, offered group dog walking for the neighborhood, made and sold jewelry, took on a part time job at some employer, you name it.  Reminding myself of this really helped me see that I’m helping empower them—not only with great products, but also income.”

– “When I first started in dōTERRA , I was laser focused on trying to convince anyone and everyone that they should be selling dōTERRA.  Bad, frustrating idea. I was looking for a “magic technological system” to do this for me.  This business is not about convincing someone, it’s about listening to them and identifying unmet needs.  Not everyone will have unmet needs, and that’s OK.  Many just want to “simmer” by buying products and using them for a while. Others are very accustomed to selling and may have a “burning desire” to find an opportunity at a company like dōTERRA. I take them where they are, tell them what I do, and let them decide for themselves.  This way they are happier with me, dōTERRA, the products and themselves.”